小学部

カリキュラム

日本の文部科学省の指導要領に準じ、国語と算数の教科書を中心に授業が進められます。授業内容は20%が基本レベル、60%が教科書レベル、20%が応用展開レベルとなるよう、難易度の幅を広げた学習を心がけています。

ひとりひとりの個性を尊重するとともに、生徒たちが積極的に参加し、お互いに刺激し合い、共に学び合う場としての教室作りを目指しています。

国語:
「話すこと・聞くこと」「書くこと」「読むこと」の3本柱で、国語を適切に表現し正確に理解する能力と伝え合う力を育成、高めるとともに、思考力や想像力及び言語感覚を養い、国語に対する関心を深めます。

算数:
①数と計算 ②量と測定 ③図形 ④数量関係 の4領域において、算数的活動を通して、基本的な知識及び技能を身に付け、日常の事象について見通しをもち筋道を立てて考え、表現する能力を育てるとともに、算数的活動の楽しさや数理的な処理のよさに気付き、進んで生活や学習に活用しようとする態度を育てます。

音楽:
毎週、季節の歌、唱歌、現代の歌などバラエティに富んだ歌を歌うことにより生徒の興味を引き出し、音楽のよさや楽しさを 感じるとともに、語彙や表現の幅を広げます。

 

小学部時間割 Synchronous Class  時間割 8:45 – 1:30

 

  8:45 –   9:00

登校(カーライン)

算数タイミング

  9:00 –   9:15

朝の会

  9:15 – 10:20

授業

10:20 – 10:40

休み時間(外遊び)

10:40 – 12:00

授業

12:00 – 12:30

給食(食育)

12:30 – 1:00

授業

1:00 – 1:15

今日の歌・終わりの会

  1:15 –   1:30

下校(カーライン)

 

*《学習内容》
 1・2年生:国語、算数 、生活科(社会、理科)
 3-6年生:国語、作文、算数